加藤登紀子チャリティコンサート“子どもたちの輝かしい未来のために”実施報告

 9月13日(金)、年明けから本格的に準備を進めてきた加藤登紀子さんのチャリティコンサートが盛大に催されました。
スタッフ総数50名以上が社会福祉法人二葉保育園の職員を中心に集い、1047名のお客様で会場は満員になりました。
朝9時から舞台設営をはじめ当日配布する資料の折込みも急ピッチで行いました。
午後から設営されたロビーには、社会福祉法人二葉保育園のそれぞれの事業所のさまざまな取り組みの紹介がかわいらしい装飾を交えて展示され、わたしたちがどのような想いをもって日頃地域のなかで子どもやその家族に寄り添おうとしているのかを伝えられるように工夫しました。

 一方、お昼頃から加藤さんをはじめミュージシャンの方々も次々に会場入りし、照明や舞台セット、楽器も設置が終わり、リハーサルが行われました。
あらかじめ順取りされた曲目を今日のテーマやお客様の雰囲気をイメージしながら加藤登紀子さんが総指揮をして編まれていきます。
入念なサウンドチェック、照明調整などがあってひとつのステージが創り出されることに感動を覚えました。

17時の開場と同時に当日券購入に並ぶ方もおり、チケットをお持ちの方々も続々と入場され、別の社会福祉法人で作られたパンやせんべい、二葉のオリジナルチャリティグッズを買い求められる方など、すぐにロビーは人でいっぱいに埋まりました。
株式会社トキコプランニングの徳田修作社長の合図でホールの開場をしてからはどんどん席が埋まり、1階はほぼ満席。
2階席もほとんどが埋まりました。この日まで準備をしてきた誰もが予想をはるかに超える1,000人以上のお客様の波に圧倒されながら、それぞれの持ち場でそれぞれのスタッフが仕事をこなしている姿がとても印象深かったです。

 18時30分。開演予定通り、主催者である社会福祉法人二葉保育園理事長遠藤久江のオープニングスピーチからはじまり、このチャリティコンサートの趣旨である子どもたちが暮らす施設の改築プロジェクトについて、また二葉の歴史とともに建物を建てる時には二葉はかならずチャリティコンサートを行ってきたことをお話しました。
その後、元気よく登場された加藤登紀子さんはオリジナル曲「Seeds in the fields」から第一部10曲を熱唱されました。
MCでは、今日のお弁当がこれまでのコンサートで用意された弁当の中で一番おいしかったという笑い話や、自身の子ども3人が保育園で世話になった話、亡くなられた夫・藤本氏との想い出や学生運動について、震災で父母を亡くした子どもの日記からインスピレーションを受けて書き下した曲のエピソードまで、登紀子さんの生きる源を感じるようなステージでした。
曲のほとんどを登紀子さんご自身が創られているので、日本語のうつくしさや歌詞一つひとつに込めた想い、そして瑞々しい歌声に初めて登紀子さんの歌を聴く若い世代の観客も魅了されていました。

 20時近くから再開した第2部では、エディト・ピアフ特集ともいうべきシャンソン選曲集でしたが、ピアフとその子どもとの数奇な運命を語り、深い音域と声量に裏付けされた登紀子さんの歌声は最高潮に達しました。
映画「キャプテンハーロック」の挿入歌は荒々しいロック調の曲でこのコンサートのラストソングとなりましたが、観客からは第2部終了後も拍手が鳴り止みません。
アンコールに突入し、「百万本のバラ」、「愛のくらし」などのヒットソングを歌ったあとで、わが子が産まれた日の父を思った曲「君がうまれたあの日」には多くの方が涙していました。
よいタイミングで二葉学園に在園する高校生2人が登紀子さんにお礼の花束を渡しにステージにあがり、登紀子さんも高校生2人を抱きしめて迎え入れると、客席からはどっと拍手が沸き上りました。
こうして加藤登紀子チャリティコンサートは鳴りやまない拍手のなかで大盛況のうちに幕を閉じました。

 おかげさまで、このチャリティコンサートでは、2,383,379円の収益を集めることができました。
こちらの収益は全額、共催団体である二葉支援の会を通じて社会福祉法人二葉保育園改築プロジェクトに寄付されます。
1047名を超えるお客様と以下の後援・協賛・協力団体をはじめ、広報等でご協力をいただきました皆様、そして加藤登紀子さんをはじめ出演ミュージシャンの皆様、株式会社トキコプランニングの皆様に心から御礼申し上げます。

開催概要

開催日時 2013年9月13日(金)  開場17:30 開演 18:30 閉演21:00
開催会場 調布市グリーンホール 大ホール
出演 加藤登紀子(公式ホームページ:http://www.tokiko.com/index.html
共催 社会福祉法人二葉保育園チャリティコンサート実行委員会、二葉支援の会
企画制作 株式会社トキコプランニング
後援 調布市、調布市教育委員会、東京都社会福祉協議会、調布市社会福祉協議会、登紀子倶楽部
協賛 アーク印刷株式会社、有限会社KICCORIT、ユニバーサルミュージック
広報協力 あい薬局
井上内科クリニック
魚繁
介護老人福祉施設 緑友会 小川ホーム
株式会社あい設計
株式会社インタラック
株式会社柿崎組
株式会社小山工業
株式会社まるやす商店
株式会社ワークショップ21
公益財団法人新宿区勤労者・仕事支援センター
公益財団法人東京YWCA
公益社団法人日本フィランソロピー協会
小平市 更生保護女性会
小平市 子ども家庭支援センター
小平市 次世代育成部児童課
小平市教育支援室 あゆみ教室
小平市ボランティア連絡会
小平天神郵便局
社会福祉法人園盛会 多摩の里けやき園
社会福祉法人恩賜財団 東京都同胞援護会 ひかり苑
社会福祉法人至誠学園
白梅学園大学
スズキヨ
セブンイレブン 小平東京街道店
仙川キリスト教会
大正大学
大和ハウス工業株式会社 武蔵野支店
高瀬物産株式会社 西東京支店
中央大学
調布市 子ども家庭支援センター
調布市教育会館
帝京大学
特定非営利活動法人芸術家と子どもたち
豊島屋豆腐店
肉の布施
日本社会事業大学
バトミントンクラブむさし
府中市 子ども家庭支援センター
有限会社東京文献センター
横山青果
渡辺乳業株式会社
※50音順
法人本部:連絡先